リーダー研修でまずは自分を磨く

リーダー研修でまずは自分を磨く

居酒屋なんかでよく聞くのが部下が仕事が出来ない、何度教えても仕事を覚えないなどの愚痴です。

でもそれは本当に部下のせいだけなのか考える必要があるのでは?と思うようになりました。

それはマスコミなどでとりあげられていたリーダー研修というものがあることを知ってからです。

私は役職があるわけでもなくただの仕事の先輩ぐらいなのですがそれでも納得させられたことが山のようにありました。

先ほど取り上げた部下が仕事を覚えない!という言葉です。

ただこの仕事をやってください、だけではだめなのだということです。

仕事を与えるときにその部下にその仕事の意味を考えさせることが大切なのだそうです。

考えると頭の中に残り次に頼まれたときに思い出すことが出来るのだそうです。

確かに勉強でもそうですよね、先生の黒板の文字や友達の答えを写すだけでは手は動いても頭は動いてないのですから。

やっぱり自分で考えないといけないのです。

部下の前にまずはリーダー研修で自分が学ぶことが必要なのかも。

上司にリーダー研修というものを知らせたい

上司が頭ごなしに後輩を叱りつけていました。

私もその上司に何度も叱られた経験があるのですが怒っている言葉の意味を理解しているのか?って逆に怒りたくなることもよくあります。

怒っているときに脱線して何を叱りたいのか聞いていてもその意図がわからないということも…どうせ叱るなら叱られてよかったと思えるような叱り方をして欲しいものです。

そうしたら次にもつながるのに…そうしないから叱られた側がその上司の愚痴だけ言って終わってしまうんだよ!と声を大にして言いたいぐらい。

リーダー研修のパーフェクトガイド

最近こういった人のためにかリーダー研修というものがあるらしいから参加して自分を見直してきてはどうかと思うのです。

まぁ、自分が正しいと思っているあの上司には聞く耳もたずってところでしょうけど。

リーダー研修に参加して今までの自分を見直した、部下への見方が変わった、いつの間にか部下がついてくるようになったという信じがたい言葉も聞くし社長の机の上にパンフでも置いてアピールしてみようかしら。